• 新着情報
  • 研究目的・意義
  • センター長挨拶
  • 研究体制
  • 研究活動
  • 研究成果
  • 地図・お問い合わせ
  • リンク
  • 更新情報
  • 龍谷大学
  • 2002~2009年度 人間・科学・宗教オープン・リサーチ・センターのサイト

研究活動

2012年度後期展示「金子みすゞ いのちへのまなざし ―星とたんぽぽ―」

研究展示
開催日時 2012年11月19日(月)~12月21日(金);2013年1月7日(月)~1月31日(木)。土日祝日は休館。※但し、12月1日(土)および1月27日(日)の2日間は特別開館
開催場所 龍谷大学深草学舎至心館2階 パドマ館

 

金子みすゞ いのちへのまなざし展チラシ.jpg

 本展示では、金子みすゞの心の世界を紹介いたします。金子みすゞの詩と生涯を展示することを通じて、生きとし生けるもののいのちの尊さ、すべての存在のつながりの大切さを考えることを目的としています。

 

主催: 
龍谷大学 人間・科学・宗教オープン・リサーチ・センター

 

後援: 
金子みすゞ記念館
金子みすゞ著作保存会
金子みすゞ顕彰会
JULA出版局

 

展示協力
大阪府立中央図書館 国際児童文学館
宮城県南三陸町役場

 

報告を見る

報告を閉じる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   本展示では、金子みすゞの詩と生涯を展示することを通じて、生きとし生けるもののいのちの尊さ、すべての存在のつながりの大切さを伝えた。さら に、金子みすゞの詩を愛する方々が、金子みすゞの詩を通してさまざまな活動を行っていることを紹介した。たとえば、ネパールにおける小学校建設や医療支 援、東日本大震災にて被災した小中学校に金子みすゞの詩集を贈る活動などを紹介した。みすゞの詩は、日本や世界に広がって、人びとの心を支えているのであ る。

 展示開始日である11月19日には、11時半よりオープニング・セレモニーが開催された。赤松徹真(龍谷大学学長)による挨拶のあと、鍋島直樹 (龍谷大学人間・科学・宗教オープン・リサーチ・センター長)による展示の趣旨説明があった。来賓として、大村祐子氏(JULA出版局代表)、草場睦弘氏 (金子みすゞ記念館 主任・企画員、金子みすゞ顕彰会 事務局長)にお越しいただいた。お二人にはセレモニー後にギャラリー・トークとして展示品を紹介していただいた。大村氏には、金子みすゞの生涯と、金子み すゞの甦りの過程をご紹介いただいた。矢崎節夫氏とともに、金子みすゞの詩を世に出すべく奮闘してきた大村氏にしか語れない逸話を数多く伺うことができ た。草場氏には、地元仙崎の氏だからこそ語れる金子みすゞの実像と、金子みすゞの詩を通してのさまざまな活動についてご紹介いただいた。とりわけ、東日本 大震災の被災地の小中学校に詩集などを贈る“こだまでしょうか”募金の活動についてお話しいただき、各種メディアからも注目された。オープニング・セレモ ニーの模様や本展示については、朝日新聞、毎日新聞、京都新聞、文化時報などで紹介され、11月19日の来場者数は116名であった。

 本展示において、改めて学ぶことのできたことは、金子みすゞの詩の力である。みすゞの詩は、とくに難しい言葉が用いることなく物事の本質を突く。 だからこそ、みすゞの詩は苦しみや悲しみの中にある人々の支えになり、世界中に広がっていく力をもつのである。東日本大震災の被災地の子どもたちは、寄贈 されたみすゞの詩集を読み、癒しや励ましを感じている。また、みすゞの詩は今や十数カ国語に翻訳され、中国やネパールでは小学生の学習教材として用いられ ている。もちろん、日本でも多くの教科書に採用され、日本の子どもたちはみすゞの詩に触れている。このように、日本や世界の人々の心に広がっていく力をも つみすゞの詩について、認識を新たにすることができた。(RA 古荘)

 

金子みすゞ展統計(前・後期).xlsx

展示に関する意見・感想(前期).xlsx

妙好人における死生観と超越

ユニット3
各ユニット共通
開催日時 2012年6月11日(月)~7月31日(火) 10:00~16:00(土、日、祝休館) ※但し、6月23日(土)、7月22日(日)の2日間は特別開館
開催場所 龍谷大学 深草学舎 至心館2F パドマ館
参加者 入場料/無料


報告を見る

報告を閉じる

IMG_0042.JPG
 開幕式の記念撮影
IMG_0044.JPG
 菊藤先生による解説
IMG_0064_副本.jpg
 林先生による解説

【オープニングセレモニー報告】

 2012年06月11日、13時より研究展示「妙好人における死生観と超越」オープニングセレモニーが行われた。開館に際して、龍谷大学田中則夫副学長、鍋島センター長及びユニット3代表林智康先生の挨拶があった。挨拶には、妙好人の言葉と実践に示された真実の死生観及び苦悩の超克を学ぶことなど、今回展示会の意義が紹介された。ご来賓として、展示にご協力いただいた妙好人小川仲造の曾孫にあたる小川義雄様、道子様と京都短期大学(現成美大学)名誉教授の菊藤明道様をお迎えした。  

 引き続き、ご来賓と当センター研究員による展示品解説が行われた。小川義雄様より妙好人仲造の生涯および「ひろいせかいに、おそろしものは、わがみ心がおそろしや」などのことばの意味についてご説明いただいた。また、林先生より仰誓の『妙好人伝』や鈴木大拙の『妙好人』などの関連作品をご紹介いただいた。

 

 

妙好人展統計.xlsx

展示に関する意見・感想.xlsx

研究活動トップへ