4. 異形の爪(爆心地からの距離 1400m)

異形の爪(爆心地からの距離 1400m)

広島平和記念資料館 所蔵
寸法 15×5×10
分類番号 7202-0006
寄贈者 高橋昭博(タカハシアキヒロ)氏
被爆場所 中広町
爆心地からの距離 1400m


市立中学校2年生の高橋昭博さん(当時14歳)は、朝礼のため集っていた校庭で被爆しました。一瞬のうちに真っ暗になり、気がつくと爆風で10メートルも吹飛ばされていました。制服はボロボロに焼け、火傷を負い、右手の人差し指の根元にはガラスの破片が深く突き刺さりました。その後、黒い異形の爪が生え続けています。



第5期研究展示
「ヒロシマ原爆展-ヒロシマ・ナガサキ被爆60周年-」


【展示品】


解説