• 新着情報
  • 研究目的・意義
  • センター長挨拶
  • 研究体制
  • 研究活動
  • 研究成果
  • 地図・お問い合わせ
  • リンク
  • 更新情報
  • 龍谷大学
  • 2002~2009年度 人間・科学・宗教オープン・リサーチ・センターのサイト

研究成果

  1. トップページ
  2. 研究成果
  3. CHSR関連出版物

CHSR関連出版物・2012年度

『東アジア思想における死生観と超越』 (方丈堂出版)

 

ユニット3研究叢書『東アジア思想における死生観と超越』(方丈堂出版)を2013年3月に出版する予定である。


『宗教における死生観と超越』 (方丈堂出版)

 

ユニット2研究叢書『宗教における死生観と超越』(方丈堂出版)を2013年3月に出版する予定である。


Winds of Virtue: The Japanese Buddhist Thinker Shinran in Conversation with Heidegger and Lévinas (New York University Press, 2013)

 

Charles Hallisey (ハーバード大学教授)とDennis Hirota (龍谷大学教授、ユニット1リーダー)によって著作された研究叢書"Winds of Virtue -The Japanese Buddhist Thinker Shinran in Conversation with Heidegger and Levinas" を2013年3月に出版する予定である。 


『ブータン王国の国民総幸福(GNH)政策―仏教思想はどのように活かされるか―』(方丈堂出版)

IMG_2097_副本.jpg

ケサン王女殿下特別講演

ブータン王国の国民総幸福(GNH)政策

―仏教思想はどのように活かされるか―

 

2012年3月30日 初版発行

ISBN 9784892310959 C1015

発行 株式会社方丈堂出版

 

【目次】

 

謝辞
開会の辞(若原道昭(筑紫女学園大学学長・龍谷大学第17代学長)

 

特別講演 「国民総幸福(GNH)政策:ブータン王国の開発の理念」(ケサン・チョデン・ワンチュック王女殿下)

パネルディスカッション

V.ナムギャル(ブータン王国大使)

カルマ・ツェテーム(GNH委員会長官)

桂紹隆(龍谷大学アジア仏教文化研究センター長・文学部教授)

鍋島直樹(龍谷大学人間・科学・宗教オープン・リサーチ・センター長・文学部教授)

 

閉会の辞

赤松徹眞(現龍谷大学第18代学長・文学部教授)

 

ブータン王国について

 

参考文献

おわりに~編集後記


『生死を超える絆ー親鸞思想とビハーラ活動』(方丈堂出版/Octave)

 

生死を超える絆.jpg
 

仏教と医療の学際的協力により誕生した、

気鋭の研究論考18編!

 

 著者 鍋島 直樹 編

    玉木 興慈 編

    黒川 雅代子 編

出版年月日 2012/08/08

ISBN   9784892310935

目次

≪序≫生死を超える絆を求めて
Ⅰ 医療文化と仏教文化
   現代社会の医療文化と仏教文化

Ⅱ ビハーラ活動-医療と仏教の架け橋
   シンポジウム「ビハーラ活動の今とこれからを考える」成果概要
   医師と僧侶としてのかかわり
   最後まで安心して暮らし、安らかに看取られるためのまちづくり
    -「かあさんの家」での生と死
   学術講演:いのちを考える
  -救急、がん医療そして緩和ケアの現場を通じて
   学術講演:いのちに携わる看護師のお話
   学術講演:ホスピス・緩和ケアとは

Ⅲ 遺族の求めるグリーフサポート
   遺族のセルフヘルプグループ、サポートグループの活動
   臓器移植をめぐる死生観と生命倫理
   レスポンス 臓器移植をめぐる死生観と生命倫理
   学術講演:ニュージーランド・クライストチャーチ地震における派遣報告
-日本赤十字の「こころのケア」チームの一員として
   東日本大震災の東北を訪ねて 悲しみに寄り添う

Ⅳ 生死観と超越-ビハーラ活動を支えるもの
   Life or Death of the Buddhadharma;Paradigmatic Reflections
   【和訳】仏教の生死-パラダイム論的省察
   親鸞思想の基礎としての人間論
   親鸞思想における行の理解
-『教行信証』「信巻」真仏弟子釈の理解を通して
   ビハーラ活動のガイドライン-浄土教における死と慈愛

プロジェクトの概要

執筆者紹介(掲載順)

『グリーフケア 死別による悲嘆の援助』(メヂカルフレンド社)

 

グリーフケア.jpg

『グリーフケア 死別による悲嘆の援助』

編者:高橋聡美(つくば国際大学医療保健学部教授)

鍋島直樹先生、黒川雅代子先生も執筆。

 第1版/2012年05月

 <死別後の癒えない心の傷と向き合う

『グリーフケア』入門書>

    ●グリーフケアを実践していくための遺族の心理・言動についての基本的知識や原理原則を紹介。

    ●病気や救急、災害・自殺など、喪失体験別に悲嘆(グリーフ)を網羅。

    ●東日本大震災におけるグリーフケアの経験も紹介。

 

●目次

    序 章 悲嘆をサポートする

大切な人を亡くすこと/悲嘆のサポート

    第Ⅰ章 悲嘆の理解と援助

悲嘆とは/悲嘆のプロセス/悲嘆の文化差/グリーフサポートの基本姿勢/悲嘆の対処/悲嘆と複雑性悲嘆、うつ病、トラウマ

    第Ⅱ章 死を迎えるときの悲嘆

がんの終末期における身体的変化と悲嘆/死亡告知時のグリーフケア

    第Ⅲ章 喪失体験別にみるグリーフケア

病気で大切な人を亡くした人へのケア/救急で大切な人を亡くした人へのケア/ホスピス緩和ケア施設で大切な人を亡くした人へのケア/災害で大切な人を亡くした人へのケア/自殺で大切な人を亡くした人へのケア/流死産で大切な子どもを亡くした人へのケア/大切な子どもを亡くした親へのケア

    第Ⅳ章 子どものグリーフケア

大切な人の死が子どもに与える影響/子どものグリーフケアの実際/遺児サポートにおけるわが国の問題

    第Ⅴ章 家族療法の視点からのグリーフケア

家族をとらえる視点―システムとライフサイクル―/家族療法の視点を生かしたグリーフケアの実際

    第Ⅵ章 地域におけるグリーフケア

地域におけるグリーフケアの必要性/ファシリテーター養成/わかちあいを運営するための心得/送葬とグリーフケア

    第Ⅶ章 医療スタッフへのグリーフケア

グリーフケアにおける援助者のストレスマネジメント/デスカンファレンス/患者が自殺した際のスタッフのケア

    Column

犯罪被害者遺族の悲嘆

-附属池田小学校児童殺傷事件-

自殺で家族を亡くすということ 

-苦しみから希望を紡ぐ-

ペットの死と悲嘆反応

母の手記/遺児の手記

エンバーミング

仏教からみるグリーフケア


研究成果トップへ